運営するサイトでベータ版Search Console インデックス カバレージ レポートが使えるようになりました!

SEO関連の話題、Google Search Console / ウェッブマスター関連、ニュースなど
返信
アバター
Chico M
管理人
記事: 237
登録日時: 2017年8月14日(月) 11:44
Been thanked: 4 time
連絡を取る:

2017年12月07日(木) 06:21

本日、12月6日にSearch Consoleにログインして、ベータ版のAMP レポートページを表示したところ、これまで表示されていた”AMP pages" に加えて、"Index Coverage" と もう一つ(もしかするとコンフィデンシャル(公開禁止・非公開)のため名を伏せます)のアイテムが加わって表示されました。(3項目目は、私のサイトでは関係のないものです)

早速、インデックスカバレージレポートを見てみました。基本的なレポートの種類は、ベータ版のGoogle Search Console インデックス・カバレージレポートを紹介したGlenn GabeさんのTweetを取りまとめた記事のほうで紹介したものと同じです。しかし、自分の運営するサイトのインデックスカバレージレポートデータを実際に見ることができるのは、やはり印象を含めて違います。実際にサイトのデータを見ることで参考になることも多々あります。

インデックスのステータスレポートは大きく分けると以下の様な項目(ステータス)に分かれています。
  • サイトマップで提出してインデックスされたページ
  • サイトマップには含まれないがインデックスされたページ
  • インデックスされているが興味が低いページ
  • サーバーエラー
  • サイトマップに含まれているが見つからなかったページ(404)
これまでのSearch Consoleでは、URL単位の詳細な情報を得ることができませんでした。インデックスカバレージレポートでは、URL単位で詳細な情報を見ることができるようになっているのが大きな特徴です。

上記の項目別にインデックスされたページ数が表示されています。各項目が表示されている行をクリックすると、各ページのURLが表示されます。そのため、インデックスされているか否かがURL単位で分かるようになっています。また、そのURLを最後にクロールした日付も表示されています。URLの表示される順番は、最後にクロールした日付の新しい順となっています。後のページになるほど、クロールした日から時間が経過しています。そのURLを最後にクロールした日が何時なのかしることもできるのは、とても参考になります。

他にも色々と便利な機能、参考になる情報をみることができます。まだベータの状態のようですが、正式にリリースされる日は遠くないのではと考えてます。レポートの完成度も高いです。


アバター
Chico M
管理人
記事: 237
登録日時: 2017年8月14日(月) 11:44
Been thanked: 4 time
連絡を取る:

2017年12月11日(月) 12:30

ベータ版Search Consoleにサイトマップ・ステータスの項目が加わりました。サイトマップの項目で表示される内容は現在のSearch Consoleと基本的に同じですが、見やすく使いやすいインターフェースです。ベータ版は追加された機能が多くなっていることに加えて、使い勝手も向上しています。
アバター
Chico M
管理人
記事: 237
登録日時: 2017年8月14日(月) 11:44
Been thanked: 4 time
連絡を取る:

2017年12月14日(木) 10:15

今週(12月11日の週)、ベータ版のSearch Consoleを使えるサイトを追加したとJohn MuellerさんがTweetでコメントしています。



ベータ版が使えるサイト(アカウントではなくサイト単位です)は、Search Consoleで該当するサイトを選択した時、左上に「新しい Search Console を試す」と言うようなリンクが表示されます。
Screen Shot 2017-12-13 at 7.04.14 PM.png
Screen Shot 2017-12-13 at 7.04.14 PM.png (20.63 KiB) 閲覧数: 4400 回
このリンクは、ベータ版 AMP レポートを使えるようになった時にも表示されます。クリックするとベータのSearch Consoleが表示されます。
アバター
Chico M
管理人
記事: 237
登録日時: 2017年8月14日(月) 11:44
Been thanked: 4 time
連絡を取る:

2017年12月14日(木) 10:24

ベータ版Search Consoleでは、検索アナリティクス(ベータ版の名前はPerformance (report))の期間が、これまでの90日から12ヶ月以上に拡大されました。

ベータ版のレポートも最近機能がいろいろと追加されてきています。上記、Performanceのレポートも本日追加になったばかりです。

全てのユーザーが利用可能になるまでは、まだ少し時間がかかるそうです。

返信