XMLサイトマップのプライオリティをGoogleは見ていない

SEO関連の話題、Google Search Console / ウェッブマスター関連、ニュースなど
返信
アバター
Chico M
管理人
記事: 243
登録日時: 2017年8月14日(月) 11:44
Been thanked: 4 time
連絡を取る:

2017年8月28日(月) 12:59

TwitterでJohn Muelerさんに「サイトマップのプライオリティタグはどの程度重要なのですか?サイトで最も重要なURLにプライオリティ(高い優先度)を設定することを推奨しますか?」と質問がありました。

John Muellerさん:「我々はXMLサイトマップのプライオリティは見ません。(無視します。)」



記事のキーワードのメタタグは、Googleは完全に無視する(全く見ていない)と公言しています。サイトマップのプライオリティも同様とのことです。(プライオリティを高く設定すると、検索エンジンもプライオリティを重視するとは思えません。納得。)

関連したツイートに対してJohnさんは、「我々がサイトマップで見るのは、URLと最後に修正した日(last modification date)です。」と回答しています。



この回答から続く会話にJohnさんが「我々はいつサイトに新しい(更新)情報があるか知りたい、分かればクロールできるためです。」と追加コメントしています。記事が更新されていることが分かれば、クロールする作業の効率が良くなります。(適切に行えます。)



ただし、これは単純にサイトマップの何処を見るかという様な話で、Googleがサイトマップの更新日を重視しているわけではないです。そのことについて、Johnさんも話の流れの中で以下のように語っています。

「最終更新日のフィールドをアップデートするのに、サイトの改善より時間をかけていたら、悪い結果が待っています。重要なことに集中すべきです。」



長期的な視点ではなく、テクニカルなところ(サイトマップフィールド等)に注力しているサイトを見かけます。両方共手がけることで、良い結果が得られます。



単に更新しているということを、サイトマップで検索エンジンに伝えるということだけでなく、既存コンテンツの改善に取り組んでいる場合は、記事の更新は重要度を持ちます。サイト内の既存コンテンツの改善、新コンテンツの追加など、サイトの品質を高めるために総合的に取り組むことが重要だと思います。


返信